湘南・横浜不動産3秒査定 > 住宅ローン返済にお困りの方へ

住宅ローン返済にお困りの方へ

もう悩まないで!!「ローン返済の解決方法」

あなたの抱えている問題や悩みも解決に導きます。
ぜひご相談ください。

このようなことでお悩みではありませんか?「住宅ローンが払えなくなってしまった!」

  • 裁判所から競売通知が来てしまった…。
  • 複数のカードローンがある…。
  • 不況でボーナスが出ない。年収が下がった…。
  • 病気・入院・介護が必要になった…。

売らずに解決する3つの方法

住宅ローンの見直しをしましょう。

1.金融機関に返済額を下げてもらう
返済猶予制度「金融モラトリアム法」を利用して金融機関に返済額を下げてもらうように申請するという方法です。
言い換えれば、返済期間を延ばしたり一定期間利息だけの支払いにしたりするなど、 収入に見合った支払額にして生活を立て直すやり方です。
当初計画していた収入が、給料の引き下げやリストラなどで、収入が減ったことを表す証明書などを 用意して、金融機関に申請します。
2.住宅ローンの賞品を変更する
好景気のときに上がる金利を警戒して固定金利を選択されている方も多いです。
現在は、金利が低くなっています。変動金利に変更すると月々の払いが下がることがあります。
固定金利から変動金利への住宅ローン商品の変更は、本来なら簡単ではありませんが、ただ、粘り強く状況を訴えれば応じてもらえることもすくなくありません。
3.金融機関を変更する
住宅ローンはどの銀行も同じだと思われがちですが、実際は金融期間によって違いがあり、金利で大きな差が つくことがあります。
金利0.1%でも大きな差になります。

住宅ローン返済が厳しくなった時の対処手順

住宅ローンが支払えなくなったと感じた時には、
早めに専門家に相談する。

手元に現金がなくなると対処法が限られるので、
手元にまだ現金がある状態で相談する。

住宅ローンを延滞する前であれば、金融モラトリアム法によって
収入の30%以内に住宅ローンの返済を減らすことができるので、住宅販売会社を通して金融機関に相談する。

業者を通さないと金融機関から住宅ローンの条件の変更を
断られる場合があります。

住宅に住み続けたいのであれば、
その意志をきちんと伝えて相談する。

任意売却を検討する。
住宅ローンを延滞して6ヶ月が過ぎると
通常、15%前後の延滞利息がつきます。
この時点でほぼ住宅ローンの返済は無理。
住宅を売って住宅ローンを返済する以外に方法がなくなります。
これを任意売却といって売却により住宅ローンが残っても住宅の売却が可能です。

ローン返済、滞納のご相談受付中!

  • 住宅ローンの返済が厳しくなった
  • 住宅ローンを滞納し始めている
  • 他に相談したが、家に住み続ける解決方法がでない…等

【ご相談はお急ぎ下さい!】時間が経過するほど、解決できる選択肢が減ってしまいます。

WEBから相談する

カンタン2STEP【土地】【一戸建て】【マンション】査定価格が今すぐわかる!「湘南・横浜3秒査定」


ページの先頭へ

Copyright(c) 湘南・横浜不動産3秒査定 All Rights Reserved.